「Happy Rose day♡6.2」
ローズの日の由来

ローズの日の由来
バラ祭り

【Happy Rose day!!】
薔薇の王国ブルガリアから素敵な文化が日本に届きました。
6月2日は「ありがとう」を伝える愛と感謝の記念日 ローズの日です。

 

気候が適していて高品質ゆえ、香水のもとになるダマスクローズオイルの70%はブルガリアで生産されています。

毎年6月の初旬には、首都のソフィアから少し離れたカザンラクやカルロヴォで盛大なバラ祭りが開催されます。

村じゅうがバラの香りで満たされる薔薇の収穫感謝祭です。
自然の恵みに感謝し、バラを大事に慈しみ育んできた仲間に感謝し、海外から訪れる観光客に感謝し、ローズウォーターたっぷりのケーキやパンが振る舞われ、民族衣装に身を包んでのダンスやパレードで盛り上がるのです!
そう、感謝の気持ちを心と体で伝え合うイベント。

同じ頃、日本では観賞用の薔薇が各地で咲き誇っています。
6と2でローズと読めることもあり、日本では6月2日が愛と感謝の記念日「ローズの日」になりました。

 

クリスマスみたいに、記念日より前からワクワクムードいっぱいのシーズンを過ごせたら幸せですね。

薔薇が咲いているのを見たら、感謝の気持ちを伝えたくなって、カードやメールでメッセージを送ったり、ギフトを贈ったり、ローズパーティーを開いたり・・・
ワクワクドキドキ♡笑顔いっぱいのシーズンを過ごしましょう。

 

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now